読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過眠症 大爆発です。

私は過眠症です。

大学病院に入院検査を受けて、太鼓判を

おされて早10年くらいでしょうか。

当初、特発性過眠症と診断され、ここ数年前に

反復性過眠症と診断されました。薬はそれ程

変わっていません。

今年1月頃から今まで、過去最高に酷い様相です。

この病気が判明した時、本当に嬉しかったです。

変に思うかも知れませんが、自分が怠けていたり

気合が足りないものと思って生きてきて、解決の糸口が

見つからないまま、ダメ人間と思っていきてきたから。。。

病気のせいで、自分のせいじゃ無いと思えて嬉しかったです。

初めは病気なんだから、薬を飲んで改善すると思ってました。

10年くらい経過した今は、病状はそんなに改善していないのですが、

気の持ち様が以前より図々しくなり、なんとなく病気と共存しています。

でも、やはり仕事とか約束などに損害が出てしまいます。

死んでしまいたい。って思う事が多くなっています。

でも具体的に死ぬ方法や踏み切るまでには至っていません。

幸か不幸か、会社も家族もこの病気を理解してくれています。

嫁もいますが、病気を知ってからあまり起こしてくれなくなりました。

自分も頼まなくなりました。病気なんだから仕方ないと思われてる

のかも知れません。そんな些細なことが寂しいものです。

最近気付いたのですが、前述の『死にたい』について

本当の心は、死にたいではなく たすけて とか 逃げたい

なのだろうという、現時点での結論が出ました。

本当に過眠症は人間の生活を、そがいして 困ります。

そがいは、疎外であり、阻害なのですが、健常者の方には

わかってもらえないのだろうと、思います。

ネットでも甘えだろとか、目覚ましの数をどうとか。。。

言われますが、そんなことでは無いのです。

なんなら、木村拓哉が過眠症の役で、ドラマでもやってほしいです。

多くの人に、正しくわかっていただくだけでも、救われる瞬間もあります。

どんな病気の人も、また 苦境に陥っている人も、生きなければなりません。

出来ることなら、シアワセに生きなければなりません。

生きることが正義であり、シアワセや正義には色々な形があることと、

それを我々 過眠症患者が 実現できる 社会作りを、この拙い文を読んだ方々

には協力して頂きたく、何卒 宜しくお願致します。


また、たまに記事を書かせて頂きます。

薬は 朝・昼・夜 リタリン
        朝 メチコバール
        寝る前 ビフシロール
        夜20時 ロゼレム
今はこんな感じです。

では また。